オメガ3のサプリメントを買う際、注意すべき最大のポイント

 

オメガ3油
まずはこの表をご覧ください。

メーカー別オメガ3の商品比較表

ブランド製品名安全試験パスオメガ3の量100mg単価税込価格
ドクターズチョイスプレミアムオメガ32000mg299円5,980円
佐藤製薬サトウDHA&EPA×1500mg367円5,500円
ディアナチュラEPA×DHA+ナットウキナーゼ×514mg182円935円
サントリーウエルネスDHA&EPA +セサミンEX×400mg1,513円6,050円
ネイチャーメイドスーパーフィッシュオイル×270mg594円1,603円
オーガランドオメガ3×160mg338円540円

この表を見れば最も注意すべきポイントが判ります。

どこに注意すべきだと思いますか?

100mg当たりの単価?
違います

安全性?
違います。

確かに海洋汚染に侵された魚を使っている原料メーカーは存在します。
そのフィッシュオイルには水銀など重金属が含まれている可能性があります。
その意味で、安全性のテストをしているかどうかは重要です。
ですが、最も重要な点はこれではありません


最も注意すべき点は、1日当たりの摂取量です。

この後、説明しますが、オメガ3を少量飲んでも、全く意味が有りません。

 

オメガ6の摂取過多、オメガ3の摂取不足が健康被害の原因

現代の日本人はオメガ3の摂取不足が大きな問題になっており
厚生労働省は1日当たりオメガ3を2000mg摂取するように推奨しています
青魚のお刺身など食べないヨーロッパでは、4000mgを推奨摂取量としている国もあります。

スーパーなどで売っている唐揚げ、天ぷら、フライ物やケーキが大好き
一方 青魚をほとんど食べない

こんな方は2000mgでも足りないかもしれません。
ヨーロッパ並みに4000mgの摂取が必要です。

どういう事なんでしょうか?

油にはいろいろな種類が有ります
油には4つのグループが有ります

  • バターや牛肉など「飽和脂肪酸」が多いグループ
  • オリーブオイルなど「オメガ9脂肪酸」が多いグループ
  • サラダ油、リノール油など「オメガ6脂肪酸」が多いグループ
  • 魚の油やえごま油など、「オメガ3脂肪酸」が多いグループ

食生活の欧米化で問題になっているのはオメガ6の摂りすぎ
そして、オメガ3の摂取不足です。

その結果

  • コレステロール過剰
  • 中性脂肪過剰
  • アトピー
  • アレルギー

といった現代人特有の健康被害が起こっています。

具体的にその理由をご説明します

 

オメガ6とオメガ3は、体内で対抗するように働きます

  • オメガ6は、血液を凝固させたり、免疫細胞を元気にさせます。怪我をしたとき止血の役割が有ります。ウィルスや病原菌が入って来た時、免疫細胞に働きかけます。
  • オメガ3は、血液を固まりにくくしたり、免疫細胞の動きを抑えます。オメガ3は血液をサラサラにします。免疫細胞の暴走を抑えます。

ところが現代人オメガ6とオメガ3のバランスは
5:1
青魚が嫌いな人は10:1ほどになっています。

これでは中性脂肪、コレステロール値が高くなり血液はドロドロ
オメガ6が多いので免疫細胞は元気を通り超して暴走状態。
アトピーや乾癬、アレルギー性皮膚疾患の原因は「免疫細胞の暴走です。

つまり全ての原因は
オメガ6の摂りすぎ
オメガ3不足

大事なのはオメガ6とオメガ3のバランスです。

理想のバランスは2:1です

オメガ6とオメガ3のバランスを2:1にする為には
オメガ3を厚生労働省の推奨する2000mgをしっかり補給して
さらにオメガ6の摂取を控える事が必要です。

オメガ6とオメガ3のバランスが悪いと
オメガ6がオメガ3の効果をかき消してしまい、
意味が無くなる

という事です

つまり、中途半端にオメガ3を摂取しても意味が無い

という事です

もう一度先ほどの表を見てみましょう
オメガ3の含有量ではドクターズチョイスの プレミアムオメガ3だけが2000mgをクリアしています。

各メーカーの商品詳細は以下のリンクからご確認ください
それぞれのメーカーのこだわりがご確認できます。

ブランド製品名安全試験パスオメガ3の量100mg単価税込価格
ドクターズチョイスプレミアムオメガ32000mg299円5,980円
佐藤製薬サトウDHA&EPA×1500mg367円5,500円
ディアナチュラEPA×DHA+ナットウキナーゼ×514mg182円935円
サントリーウエルネスDHA&EPA +セサミンEX×400mg1,513円6,050円
ネイチャーメイドスーパーフィッシュオイル×270mg594円1,603円
オーガランドオメガ3×160mg338円540円

 

どんな食品にオメガ6は多く含まれるのでしょう?

オメガ6を多く含む食品
菓子、ケーキ、パン、マヨネーズ、カップ麺。惣菜店で売っているポテトフライ、揚げ物などなど加工食品やファストフード。
惣菜店で使われている油はコストの安いサラダ油などのオメガ6系だからです。

オメガ6を含む食品

家で揚げ物をするときはちょっと高いですが
大豆油やコーン油、サラダ油、リノール油は避けてオメガ9のオリーブ油などを使いましょう

 

食生活からもオメガ3を積極的に摂りましょう

オメガ3は加熱に弱いです
一番のお勧めはアジやサンマなど青魚のお刺身
小魚なので重金属の心配も少ないです

お刺身ほどでは無いですが焼き魚からもオメガ3を摂取する事ができます。

油では

アマニアマニオイル フラックスフラックスシードオイル えごまえごま油

これらを火を通さないで、サラダのドレッシングとして使います

これらの油は全量オメガ3と言う訳ではありません
この油の5~10%の量がオメガ3です。

これらの油には確かにオメガ3脂肪酸が含まれています。
ですが魚介類に多いEPAやDHAとは異なり、αリノレン酸という成分です。
このαリノレン酸は、私たちの身体の中でDHAやEPAに変換されます。
その変換効率は5%~10%なのです。

 

オメガ3こぼれ話

オメガ3を1日13,400mg摂取しているイヌイットは心筋梗塞による死亡率が圧倒的に少ない!

50年ほど前に行われた調査
北極圏に住む先住民族のイヌイットは、一般的なデンマーク人に比べて、動脈硬化が原因となって起きる心筋梗塞による死亡率が圧倒的に少なかった。
調査を進めて行くと、彼らが一般的なデンマーク人よりもオメガ3脂肪酸を極めて多く摂取していることが明らかになりました。
何とイヌイットの1日あたりのオメガ3(DHA・EPA)の摂取量は13.4g(13,400mg)にも達するといいます。
現在、日本の厚生労働省が推奨する目標値が1日あたり2g(2,000mg)ですから、私たち日本人の実に5倍以上!

イヌイット

では、彼らは一体どんなものを食べているのか?
アザラシやクジラ、シロイルカなどの脂身。
いずれも、オメガ3の一種、DHAとEPAが極めて豊富に含まれています。

 

食生活からオメガ3を摂取する際の注意点

厚生労働省のホームページでは以下の様に注意喚起を行っています。

注意
胎児発生期間や胎児発育期間は、早期乳児期や幼児期と同様に、海産物の栄養価は特に重要です。
妊娠中や授乳中の女性は、健康な食生活の一部として必要カロリー内に収まるように留意しながら、メチル水銀の含有量が低いさまざまな種類の海産物を週に8から12オンス(約224gから336g)、摂取すべきです。
妊娠中や授乳中の女性は、白マグロ(ビンナガマグロとして表示されています)の量を週に6オンス(約168g)以内に制限すべきです。
また、妊娠中や授乳中の女性は、アマダイ、サメ、メカジキ、キングマッケレルはメチル水銀を多く含むため、食べるべきではありません。
※厚生労働省「統合医療」に係る情報発信等推進事業のサイトより抜粋

Copyright© 買ってはいけないサプリの見分け方 〜オメガ3編〜 , 2021 All Rights Reserved.